CSSってなに?これを読めばあなたも明日からCSSができるようになる!

なくてもサイトは作れるCSS、でも・・

「いまどき風のウェブサイト」を作ろうとした時、CSSを学ぶことはもはや不可欠と言えます。
CSSとは「カスケーディング・スタイル・シート」のイニシャルで、要はウェブサイトの表示部分の設定を一手に引き受けるセクションだと言うことが出来ます。さてインターネットというものが作られて以来、あらゆるウェブサイトは「HTML」という言語による「設計図」によって記述されてきました。もちろん現在であってもそれは変わらず、依然HTMLは使用され続けています。それに何もCSSなど導入しなかったとしても、HTML単独でウェブサイトを公開することは問題なく行えてしまいます。でも思い出してください、ひと昔前のサイトというのはどれも、何だか「殺風景」ではありませんでしたか?

時代は移り、今どきのウェブサイトには欠かせないものに

「おしゃれなデザインで統一感がある」「アニメーションしたり目を引く」と、最近のウェブサイトで当たり前に使われている表現には、このCSSが存分に活用されています。
もともとHTMLが作られた背景としては「学術論文などを国・場所を問わず共有できるようにしよう」という使命がありました。また使うユーザも研究者などごく一部のインテリ層に限られてました。ですからHTMLのみによって作られたごくシンプルなサイトであっても、初期インターネットにおいては十分にその役割を果たしてきたのだと言えます。ですが現在、より多くの人たちが気軽にネットを利用できるようになり、単なる機能性や合理性だけでなく「もっとオシャレに」「もっと派手に」といったニーズがウェブサイト作成に求められるようになってきました。
そのために、表示を司る部分だけ切り離してもっと柔軟かつ自由なサイト作りができる言語を・・と後発で出てきたのがこの「CSS」という物になります。