CSSがわかるとどんなことができるのか

オシャレ・派手、時代のニーズ汲んで生まれた

CSSとはウェブサイトの見栄え・表示に関わる部分をいっぺんに設定できる、「いまどきのサイト」作りには欠かせない存在です。
かつてインターネット黎明期は「学術的知識を国・場所を問わず共有する」のが第一の目的であったため、HTMLのみによるごくごくシンプルな体裁のサイトであったとしても、何の問題もありませんでした。わが国でもネットブームのはしりの頃は、こういったサイトがよく見られたものです。
ですが時は流れてネットユーザーは爆発的に増え、「よりオシャレに」「より派手に」といったニーズが発生することになります。そこで合理性・参照性のみに重きを置いたHTMLとは別に、ウェブサイトの表示に関することを一手に引き受ける言語を・・といういきさつで作られたのがこの「CSS」という事になります。

手間なしメンテ、ド肝抜く表現も可能

CSS利用によってウェブサイト作成者は見栄えの柔軟なメンテナンス性を、また多様なサイトデザイン・新しい表現をする事が可能になったのです。
サイト表示をどうするか、という設定は「CSSファイル」に書かれます。それはサイトの「内容」=本文記述セクションであるHTMLファイルに寄り添った形で用意して置かれます。以前ですと「トップページ→遷移先ページ1→ページ2・・」とある場合すべてのページに対して「見出しのフォントは○pt、本文は○pt、そして背景色は・・」と延々指定する必要がありました。しかしCSSを利用すればすべてを一括で設定変更することが出来、急にまるごと違ったスタイルにしたくなっても即対応出来ます(もちろん詳細な個別設定も可能)。
また見出しや本文テキストへの背景付与、アニメーションなどの拡張された各種表示機能・微細な設定項目を持ちます。これは多くのウェブデザイナーの表現欲求を刺激し、さまざまなサンプルが投稿され一覧できるサイトもあります。「こんなことまで出来るのか!」と驚かされるものもきっとありますよ。